発達障害関係の本・ご紹介Blog

~『パパはアスペルガー!』の副ブログ~ 発達障害に関する本の書評を、アスペルガー症候群の夫を持つ配偶者の視点から、書いて見ようと思います。

家庭での療育の参考になる本

『長所活用型指導で子どもが変わる』

長所活用型指導で子どもが変わる [ 藤田和弘 ]
このシリーズは、私のまわりの一部(認知処理様式に偏りのあるお子さんを持つお母さんから)で絶大な人気を誇っています。

K-ABC検査(発達検査の一つ)などで、認知処理様式の『継次処理』と『同時処理』に有意な差があるお子さんにお勧めです。

いわゆる『定型』のお子さんはこの二つの処理様式に差がないので、先生のどんな教え方(同時処理的な教え方でも継次処理的な教え方でも)でも学ぶことが可能です。

でも、どちらかの処理が弱い子は、教え方が合わなかった場合、『全然できない』ということになってしまうかも…

算数の九九を覚えるにしても、同時処理優位のチビひめなどはいくら繰り返し唱えても無駄。

認知処理様式にあった方法でトライした方が、本人も楽だし教える方も簡単です。

待望のPart4が2015年9月に出版されましたので、あらためてご紹介します。 
 



*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

『1分間集中トレーニング』

1分間集中トレーニング [ 上嶋惠 ]は、娘が小学校の時、我が家でもっともよく活用した本かもしれません。

特に、全身脱力のトレーニング(?)は今でも役に立っています。

身体の力をぬくトレーニングは、心身のリラックスに役立つだけでなく、無意識に力が入ってこわばってしまい、何もしていないのに疲れ切ってしまう傾向のある発達障がいを持つ子ども達の普段の生活に欠かせないもの。

私のまわりでも「やってたよー」という方が多いです。

学習レディネス(学習するための準備)を整えるのに役立ちます。

座っていられなくて立ち歩いてしまうとか、文字の線がぐにゃぐにゃでなんて書いてあるかわからない…など、教科学習をする前段階の準備に。

準備ができていない子どもに、いくら国語や算数を教えようとしても効果は期待薄です。

勉強ができない!と嘆く前に、まずは学習する準備を整えてあげましょう。







*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
記事検索
応援のクリックをお願いします
プロフィール
・アスペルガー症候群の夫:Qさん
・1996年生まれの息子:ノロリ
・2001年生まれのLD娘:チビひめ
との生活に、孤軍奮闘中。

メインブログの『パパはアスペルガー!』
で、いろいろ愚痴っています。
はじめにお読みください
最新コメント
アーカイブ
楽天ブックスで探す
わがままひめ宛てフォーム
ご訪問ありがとうございます
  • 累計: