発達障害関係の本・ご紹介Blog

~『パパはアスペルガー!』の副ブログ~ 発達障害に関する本の書評を、アスペルガー症候群の夫を持つ配偶者の視点から、書いて見ようと思います。

その他

私の3大おすすめ絵本 ~ 『はなのすきなうし』

むかし      
すぺいんに、


で、はじまるこの絵本『はなのすきなうし』が出版されたのは、1936年。


私がはじめてこの絵本に出会ったのは、小学校4年生だったと思います(これも○十年前だから、十分昔だけど…)が、
『“1936年”だって、おそろしく昔じゃない!』
と思ったのを覚えています。



それぞれの人生には、それぞれの“エポックメイキング”があると思うのですが、私には今まで、“それまでの自分の価値観がひっくり返される”という体験が3度ほどあります。

そのひとつが、この『はなのすきなうし』との出会いでした。


フェルジナンドは、闘牛のうしにあこがれるほかの仔牛たちとは、ちょっと違う趣味と個性を持っています。
みなから一人離れて過ごしているフェルジナンドを、お母さんは心配するのですが、
子どもであるフェルジナンドの気持ちを確かめた上で、

【うしとは いうものの、 よく ものの わかった おかあさんでしたので、
 ふぇるじなんどの すきなように しておいて やりました。】

何が4年生の私の琴線に触れたのかわかりませんが、(あるいは、私の母がこういう母だったからからかもしれません)
「もう、なんてすごいお母さんなんだろう!」と感動して、読んだ覚えがあります。
そして、仲良しのお友達と、低学年に見せるために『紙芝居』を作ったりもしました。
お友達も気に入ってくれたんです。

子どもが生まれてから、子どものために買いなおしたのですが、以来何度も何度も自分のために読んでいます。

『自分の個性に従って生きていいんだよ』というメッセージと、わが子の性格をそのままそっくり受け入れて、
『子どもがいいと思っているなら、他の仔と違っても、安心できる』お母さん。


個性あふれるお子さんをお持ちのお母さんたちが読んだら、ほんわりするのではないかと思う絵本です。

文章も訳もいいのですが、絵もまたいいんです。
すべて白黒で、緻密な感じの絵なのですが、じっくりと隅々まで見てくださいね。
思わず笑ってしまうユーモアあふれる部分が、あちこちに隠れています。



はなのすきなうし [ マンロー・リーフ ]
はなのすきなうし [ マンロー・リーフ ]




*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

私の3大おすすめ絵本 ~ 『ちいさいおうち』

あまりにも定番中の定番、絵本の紹介には必ず出てくる一冊ですので、今さら…と思う方も多いと思いますが、とても好きな絵本なので、ご紹介します。

この、ちいさいおうち改版 [ ヴァージニア・リー・バートン ]という絵本をはじめて読んだのは、子どもへの読み聞かせの時でした。
読みすすめていくうちに、ぼーぼーと涙が止まらなくなってしまったのですが、まだ小さかった子どもには、何故私がこんなにも心を動かされたのか、わからなかったようです。

自分は変わらないのに、どんどんどんどん自分のまわりの環境が変わっていってしまう…その戸惑い。
自分ではどうにもならないことに対して、あがいたりせず、置かれた状況を受容しつつ、でも懐かしき良き昔を忘れることはしない。
だからといって絶望しない、ちいさいおうち。

その『ちいさいおうち』の静かな心持ちに、読んでいる私の心がざわざわとではなく、おおきくゆるくせつなく波立つのです。

子どもに読み聞かせる前に、夜、こっそり、しみじみと、大人の方に読んでいただきたい本です。


ちいさいおうち第47刷改版 [ ヴァージニア・リー・バートン ]
ちいさいおうち第47刷改版 [ ヴァージニア・リー・バートン ]




*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
記事検索
応援のクリックをお願いします
プロフィール
・アスペルガー症候群の夫:Qさん
・1996年生まれの息子:ノロリ
・2001年生まれのLD娘:チビひめ
との生活に、孤軍奮闘中。

メインブログの『パパはアスペルガー!』
で、いろいろ愚痴っています。
はじめにお読みください
最新コメント
アーカイブ
楽天ブックスで探す
わがままひめ宛てフォーム
ご訪問ありがとうございます
  • 累計: