発達障害関係の本・ご紹介Blog

~『パパはアスペルガー!』の副ブログ~ 発達障害に関する本の書評を、アスペルガー症候群の夫を持つ配偶者の視点から、書いて見ようと思います。

参考になった本

『「親力」で決まる! 子供を伸ばすために親にできること』

『「親力」で決まる! 子供を伸ばすために親にできること』は、現役の小学校の先生のメールマガジンから生まれた本です。

21年間の著者の教師としてのノウハウが詰まっています。

そして、教師だけでは子どもは育たない、親の力が大切なんだということを、『具体的な方法とともに』教えてくれています。
(学校教育の責任を親に押し付けているわけではありません)

発達障害を持つ子供向けに書かれたものではありませんが、子どもの『苦手』を、親力(おやりょく)で伸ばそうというテクニック本ですから、『苦手』の多い発達障害を持つ子どもに役立つ情報満載です。

『楽勉(らくべん)』…楽しみながら 楽をしながらやる勉強

それをプロデュースするのは親である、という先生のわかりやすい、短い項目別の具体例は、本当にすぐに実践できる簡単なものばかりです。

この本を読めば、親も楽して子育てできそうな気がしてきます。(^_^)


特に気になったのは、P31の

『親力5』
「拾い読み」の子は、「追い読み」と「部分完成法」で直す事ができる


です。
LD(学習障害)疑いの娘・チビひめが小学校に入ってしばらくしたら、チビひめといっしょに実践してみようと思っています。

* * * * *

この本を読むと、この先生(著者)の眼が、常に子どもたちの方に向いていたのがわかります。

本当に子どもの力を伸ばそうとしてくださる先生は、親のやる気や親の力も伸ばせる先生なのですね。

考えてみれば、親の協力なしに、学校(教師)だけで子どもの教育をするわけでも、できるわけでもないのですから。

子どものことを本当に考えている先生は、親の存在もしっかり視野に入れて、親力もバッチリ活用しようというわけです。

* * * * *

こういう先生ならば、たとえ療育の素人であっても、『苦手』のある児をサポートできるんだろうな。

子供本人の様子をしっかり把握する眼を持っていらっしゃるだろうし、親(保護者)の言葉にも耳を傾けることができるんだろうなぁ~。




【中古】 「親力」で決まる! 子供を伸ばすために親にできること /親野智可等(著者) 【中古】afb
【中古】 「親力」で決まる! 子供を伸ばすために親にできること /親野智可等(著者) 【中古】afb




*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

『小さいときから考えてきたこと』

黒柳徹子さんのエッセイ集<『小さいときから考えてきたこと』を読みました。

・私ってLDだったの?
・お父さんから、お母さんを引く???
・あなたは低能!!

あたりに、黒柳さんの『特徴』に関するお話が載っています。

・私ってLDだったの?
は、LDとADHDとが同義語のように語られているような気がしました。
むしろ、ここに書かれていることはLDというよりもADHDの特徴のようです。

・お父さんから、お母さんを引く???
このエピソードは、バリバリLDの特徴が出ていると思います。
黒柳さん(と、女優の○○さん)は計算のLDがあるようです。


詳しく書いてしまうと、この本のおもしろさが削がれてしまうかもしれないので、ただ単にご紹介するにとどめます。

エピソード自体も文章も、とても面白く大声で笑ってしまう箇所もありますが、黒柳さんがユニセフの親善大使として見聞きした話の部分では、本当に胸が痛んで涙が止まりません。

エッセイ集って、たいてい、読みやすくて笑いあり涙ありですが、この本もまさにエッセイの王道といった感じで、もう、ぜひ手にとって読んでいただきたいなぁ~、と思います。

すらすら読めて、こころにたくさんのものが残ります。


小さいときから考えてきたこと [ 黒柳徹子 ]
小さいときから考えてきたこと [ 黒柳徹子 ]


* * * * *

黒柳さんのエッセイを読んで、難民問題や少年兵の問題に関心をもたれた方のために、こちらの本 ↓ もあわせてご紹介しておきます。
私は、昨年、この2冊を読んだ後、打ちのめされてちょっと立ち直れませんでした。
家庭内の問題で悩んでいる自分の、なんとちっぽけなことか…


世界の半分が飢えるのはなぜ? [ ジャン・ジーグレル ]
世界の半分が飢えるのはなぜ? [ ジャン・ジーグレル ]

【中古】くらべてわかる世界地図〈1〉暴力の世界地図 (くらべてわかる世界地図 (1))
【中古】くらべてわかる世界地図〈1〉暴力の世界地図 (くらべてわかる世界地図 (1))




*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

『学校に行かなければ死なずにすんだ子ども』

まんが家の石坂 啓さんの著書『学校に行かなければ死なずにすんだ子ども』は、2001年5月初版。

タイトルは過激ですが、意外に(?)中身は常識・あたりまえが散りばめられています。

「今の学校って、ちょっと変?」
と思ったお母さんが書いた本。

と思ってくださればいいのでは。


特定の機関や学校や教師を糾弾しているのではなく、

昔ながらの『学校』というシステムが時代とマッチしなくなり、
そのギャップというか軋轢によって、
その中にいる子どもたちが大変な思いを強いられているよ


というふうに書かれていると私は読みました。


学校というシステムの方に齟齬がある。

先生が悪いわけでも(←まあ、なかにはワヤワヤな方もおられますが………)、まして子どもが悪いわけでもない。
だから、居心地が悪く感じるのは、むしろ正常な反応と言えるんだから、『おりる』(=学校へ行かない)という選択肢もアリだよ


と。

はじめてこの本を読んだ時は、まだノロリ(息子)も入学したばかりだったと思うので、ピンときませんでしたが、今なら著者が言っていることがよくわかります。

個々の先生に文句を言っても始まらない、「学校ってそういうところだよねー」、というシステムとしてのおかしな部分が見えてきたからです。

ノロリなら、自分とシステムの不備との間に折り合いをつけてやっていけるかもしれませんが(現実、今そうしているわけですし)、チビひめ(娘)には、折り合いをつけることが難しいかもしれません。

著者も「学校なんかよくないからやめちまえ」なんて言っていませんし、私もそう思います。

ただ、どうしても苦しくて学校と折り合いがつけられない、という場合には、

学校へ行くということを優先するのではなく自分を守るための一手段として学校を『おりる』ということ

こういう手段をとってもいいんだよということです。

大きな壁にぶち当たった時のために、覚えておきたいなと思ったので、ご紹介してみました。


【中古】 学校に行かなければ死なずにすんだ子ども /石坂啓(著者) 【中古】afb
【中古】 学校に行かなければ死なずにすんだ子ども /石坂啓(著者) 【中古】afb




*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

『わが子の気持ちがわからなくなる前に読む本』

『わが子の気持ちがわからなくなる前に読む本』
 私はAS者の妻ですが、もうひとつの別に、「子どもの母親」という立場でもあります。
 核家族ですし、自分自身が親に迷惑ばかりかけてきた子どもだったこともあり、もう少し大きくなって、もしも子どもたちが私のようになったら、とても私には育てきれない…という育児不安に、ずいぶんと悩んでいます。
 なので、パラパラと育児書をめくることもたまにはあります。(普段は自分優先なので、子どもに関しての勉強は後回しが多い…)

 で、今回一気に読んだのが、こちら。
わが子の気持ちがわからなくなる前に読む本 [ 小林絢子 ]』  学陽書房

この本から得たポイントはふたつ。
ひとつは、P128の

…… 家庭は「やすらぎの場」であると同時に、夫、妻、子どもそれぞれの自我がぶつかり合う「戦いの場」でもあります。このふたつの兼ね合いがいちばんむずかしく、いかにバランスを保つかで家庭の真価が問われます。

という部分。(これについては、またいつか記事にしたいと思います)


もうひとつは、P161の

人には「自己」と「自我」があります。「自己」とは「行為する自分」。自我とは「行為する自分を客観的に見ている自分」です。

以下、説明が続くのですが、このくだりのある『第4章「しあわせな子ども」に育てるために』を読んで、考え込んでしまいました。
読んだばかりで、正しく理解できているかどうか疑わしいですが、第一読の印象では、Qさんのようなアスペルガー者は、「自我」がない、またはあっても非常に弱い、のではないか、というものです。
P165あたりをまとめると、以下のような感じです。

「自我」の表れとは、本来の「自己」を出し始めるだけでなく、自分で自分を見つめる能力が出てくること。自分と「他人」を比べることが出来るということ。
そして、大人になるということは、「自分」が「自分」と付き合うということであり、生きている自分を別の自分が後ろから見ていて、肯定したり、批判したり、応援したりして、自分を支えてくれるもうひとりの自分をもち、自分で自分を支えて、現実に向き合い、しあわせになっていこうとする力をもつということ、すなわちそれが「自立する力」である。

Qさんをみていると、「自己」はあるけど、「自我」はないように思います。ですので、10歳くらいまでの子どもと同様、自分の「自我」と母親の「自我」が同じなまま、今に至る…という感じです。今は、その『母親』が『妻』である私にすり替わっただけ。そう考えると、Qさんの行動のかなりの部分を、説明することが出来ます。
なぜ、自分の考えが無いように見えるのか、なぜ、自分の気持ちを説明できないのか、なぜ、子育てにおいて、なにもかも私の真似っこばかりするのか…。
そんなことの謎が、この「自我」というキーワードで、解けそうな気がします。
(私の得意分野に入ってきましたが、書き出したら原稿用紙何枚分になるか見当もつかない長文になるに決まってますから、ブログには向かないなぁ。考察する時間も書く時間もないし。この話題は、ポチポチと小出しにして、考えていこうと思います。←といって、これっきりだったりして)

著者の小林 絢子先生(精神科の医師)のHPのURLが巻末に載っていたので、ご紹介しておきます。
しあわせさがしの精神科医 Dr.あやこの部屋  http://www.yumeline.com/index.html
(2005.6.18  「自己」と「自我」)


【わがままひめ 勉強中】
 「自我」と「メタ認知」とは、厳密な意味でいうと、ちょっと違うもののようです。
 また、「メタ認知」も、心理学的な用法と、学習理論の上での用法とは、微妙に異なるようです。
 「自我」もしかりで、心理学上の用法と、私が認識している哲学的な用法では、やはり微妙に意味合いが違うようなので、まず用語の定義から入らないと、話は進まないもよう。
 しかも、哲学的なアプローチでも、科学哲学系になるとまたちょっと違うみたいだし、認知学とかは、またまた別の話???
 とても一筋縄ではいきそうもないです。
 ブログの話題として、取り上げるには、無理があるかも…。
 共通認識としての、「自閉ワールドにおけるメタ認知」の定義みたいなものがあれば、教えてくださ~い。

【わがままひめ 勉強中】2
「自我の確立」とはいうが、「メタ認知の確立」とはいわない。
「借り物の自我」はあるけど、「借り物のメタ認知」ってなさそうな感じ。

 自ら確立すべきものと、獲得?するものとの違い?
 獲得するのではなく、はじめから持っていたり持っていなかったりするもの?



【別記事より抜粋】
 先日ご紹介した『わが子の気持ちがわからなくなる前に読む本 [ 小林絢子 ]』  学陽書房
を、Qさんにも薦めて、Qさんは昨日読了。
 いつもは、私のお奨め本にはあんまり反応しないのに、すごくいい本だ、わかりやすいと、大変気に入ったもよう。
 「いつも手元においておきたい本だね」
という発言まで飛び出し、びっくりの私。
だって、いつも、私の意見も聞かないけど、私以外の人の意見も、私がいいと薦める本も、認めないQさんの発言なんだもの。
おかしかったのは、この本は、おもに子育てに悩む親を対象に想定した(と思われる)本なのに、Qさんは完全に自分自身の話として受け止めているという事実。ノロリやチビひめの問題として捉えていない。本人は、それに全然気づいてない。ノロリのイジメられてるかも?関連で話をしようと読んでもらったのに、思わぬ副産物というか、たいへんラッキーな展開となった。この本には、Qさんの自己認知力を大幅に高めてもらったようだから。
反面、やっぱ子育てについて、父・母としての対等の立場で話し合ったり、ふたり協同で事(子どもの諸問題)に当たる…ということは、できないのだな、と改めて再認識させられたけど…。



わが子の気持ちがわからなくなる前に読む本 [ 小林絢子 ]
わが子の気持ちがわからなくなる前に読む本 [ 小林絢子 ]




*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

『子育て・楽天主義』 赤ちゃんは「ゆったり」がいちばん

『子育て・楽天主義 ~赤ちゃんは「ゆったり」がいちばん』
この本「子育て・楽天主義」は、お医者様であり、知的障害を持ったお子さん(もう成人していらっしゃいます)のお父様でもある著者が、「ゆったり」子育てを薦めている本です。

1章から6章は夜泣きやミルクなど、赤ちゃんに関する具体的な話です。
7章から9章で、今の日本で(障害のあるなしにかかわらず)子育てをするお母さんたちの「苦しい」状況が書かれています。
そして、もっと手を抜いたって大丈夫、とおっしゃってくれています。

「苦悩の子育て」を強いられているお母さんたち…。
私には、このブログを通じてお知り合いになった方々の多くが、お父さんも含めて、とてもつらそうに感じられるので、この本を紹介しようと思いました。

現在も、私は、前ほどではないけれど、つらいのだと思います。もしも毎日が楽しくて楽しくてたまらなかったら、睡眠時間を大幅に削って、眼の下にクマさんを飼いながらパソコンに向かう…という生活はしていないと思います。

障害を持っていなくても子育ては大変。それは、子育てに関するブログが大賑わいなのを見てもわかりますよね。私も、昨年の四月までは、一日の中で話をする大人は、夫だけ…というような子育て環境にいましたから(しかも、夫とは話しが通じなかった…)、誰か大人とと話したくてたまりませんでした。
毎日毎日、子どもとだけ居る生活が、苦しくて苦しくてたまりませんでした。
そんな私に、まだ、ちびひめが生まれていなかった頃ですが、友人が読んでみて良かったから…と、送ってくれたのがこの本です。

7章の“なぜ子育てはたいへんか”は、とても考えさせられます。
私たちの“たいへんさ”を、うまく文章にしてくださっていると思います。
赤ちゃんの子育ての本ですが、大きなお子さんの親御さんでも、今の日本の子育て事情を考える上で、一読の価値があると思います。(2005.3.13)


【中古】子育て・楽天主義—赤ちゃんは「ゆったり」がいちばん 【全国一律送料200円】
【中古】子育て・楽天主義—赤ちゃんは「ゆったり」がいちばん 【全国一律送料200円】




*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
記事検索
応援のクリックをお願いします
プロフィール
・アスペルガー症候群の夫:Qさん
・1996年生まれの息子:ノロリ
・2001年生まれのLD娘:チビひめ
との生活に、孤軍奮闘中。

メインブログの『パパはアスペルガー!』
で、いろいろ愚痴っています。
はじめにお読みください
最新コメント
アーカイブ
楽天ブックスで探す
わがままひめ宛てフォーム
ご訪問ありがとうございます
  • 累計: