読字障害(LD=学習障害のひとつ/『どくじしょうがい』と読みます=字を書くことはできますが、読むことが困難)の診断の出た、娘のチビひめの就学にあたり、チビひめがサポートしてもらう根拠となる、『特別支援教育』について、少し勉強しています。


* * * * *


従来の特殊学級などによる『特殊教育』は、

 ・特別な「場」による特別な指導
 ・特別支援教育担当の教員が責任を持つ


でした。

対象となる児童生徒は、盲・聾・養護学校や小中学校の特殊学級などに在籍している児童生徒でした。



あらたに推進されている(されようとしている)『特別支援教育』とは、
 

・従来の特殊教育の対象児童生徒
  +学習障害・ADHD・高機能自閉症児が対象となる
 ・通常学級に在籍する児童生徒も『特別支援教育』の対象となる
 ・全校職員が責任を持つ(校内支援体制を確立して対応する)


というものです。
(「気になる子ども」のサポートシステム」P13より要約)

通常級に在籍することになるチビひめは、この『特別支援教育』の対象児童となります。


「で、『特別支援教育』ってなによ?」
と思ったので、この本を手にとって見たのですが、大変わかりやすく、『特別支援教育』とはどんなものであるのか、とても良く理解できました。


* * * * *


と同時に、現在小4の息子ノロリの保護者として小学校にかかわっている範囲で知りうる限りでは、チビひめの通うことになる小学校は、
全くといっていいほど、『特別支援教育』の体制が整っていない、
ということが良くわかりました。


チビひめの就学にあたり、すでに校長面談なども済ませ、『窓口』となっている“らしい”教務主任の先生とも、お話させていただきましたが、この本に書かれている『特別支援教育』が『理想』『最終的な着地点』とすれば、まだ、取り掛かったばかり…というよりは、これから取り掛かりますの段階であることは、間違いなさそうです。

なぜなら、平成19年度までにすべての小中学校に設置させることになっている『校内委員会』は、すでに設置されているらしいのですが、どの先生がメンバーになっているのか、一般の先生はご存じないようです。

また、平成19年度までに学校長が指名することになっている『特別支援教育コーディネーター』も、すでに指名済みであるらしいのですが、これまた一般の先生はどの先生が『特別支援教育コーディネーター』なのかご存じないのです。
それだけではなく、私たち対象児童の保護者の窓口となるはずの『特別支援教育コーディネーター』なのに、いまだに私たちには、どの先生が『特別支援教育コーディネーター』なのか、知らされていないのです。

在校生の親としての感触では、
とりあえず、教頭か教務主任を指名しておけばいいか…
みたいな感じで、教務主任の先生が『特別支援教育コーディネーター』に指名されている気がします。(←単なる推測で、実際のところはわかりません)


* * * * *


この本は、保護者向けでも当事者向けでもなく、どちらかというと
・『校内委員会』のメンバーに選ばれた先生
・『特別支援教育コーディネーター』に指名された先生
・校長先生はじめ、管理職の先生
が、いちばん初めに読むべき本だと思います。


もちろん、本当は一般の先生全員に、しっかり読んでいただいて、『特別支援教育』とはどんなものであるかをしっかり理解していただき、『特別支援教育』を実践していただきたいと思います。


が……


まあ、いきなりこの本の通りにはできっこないので、保護者といっしょにボチボチ形にしていきましょう!といってくださる先生が、ひとりでも増えてくださることを願って、小中学校のすべての先生方に、保護者としてお願いします。

「ぜひ、一読だけはして下さい!お願いします!」





「気になる子ども」のサポ-トシステム [ 新井英靖 ]
「気になる子ども」のサポ-トシステム [ 新井英靖 ]




*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村