体調もいまいち、スケジュールも一杯……
でなかなか本を読むことができません。

そして、今回ご紹介のこの本
『ソーシャル・ストーリー・ブック 書き方と文例』
をテキストに、しばらくソーシャル・ストーリー(もどき?)を書く練習をしていきますので、ますます更新が滞りそうです。


この本は、読みやすくわかりやすい本なので、ソーシャルストーリーの勉強をしようとしている方には、まさにぴったりのテキストになると思います。

思いますが、問題は内容でして……
『ソーシャル・ストーリー』そのものが、とても慎重を要するものなのです。

ですから、神経を使って誤解なきようストーリーを書くという作業が、とてもとても大変なのです。
本の文例をを見て、ストーリーを書いてみて、チェック表(本文中にあります)でチェックしてみても、素人の私には、これでいいのかどうか、わからないのです。
私は、書いたものをチェックしてくださる心理士さんがいるので、良いのですが、独学で正しくストーリーを書けるようになるのは、難しいかもしれません。

だからといって、私もいつもいつも心理士さんにチェックしてもらえるわけではありません。(面談は月に1回以下の頻度ですから…)
緊急(?)の時には、ババっと書いて、チェックもせずにQさんに見せています。
(本当はいけないとは思うのですが、『その場で注意する』が基本ですから仕方ありません)

それでも、この本を読んで勉強する前の
『メモ』や
『お願いの文章』や
『私が作成したQさん用マニュアル』よりも、
『もどき』であっても、この本にのっとって書いたストーリーの方が、格段にQさんに通りがいいのは、確かです。
Qさんの納得度も、高いようです。
(でも書くのは本当に大変です(ToT) )

この本を読む・活用する、に当たっては、P188からの『編訳者あとがき』を熟読してください。
以下、重要な部分を抜粋しておきます。

【ソーシャル・ストーリーは、一人ひとりのASD(自閉症スペクトラム)の子どもを思い浮かべながら、その子どもに合わせオーダーメイドで「仕立てる」という性質のものであり、書き手の側がASDの障害特性を理解した上で、書き方についても十分トレーニングを積む必要があること、困った行動をやめさせたり、期待される行動をおしつけるために書くものではないこと】

【一度、ソーシャル・ストーリーを誤った使い方で導入された子どもは、二度とそれを受け入れられなくなる】という危険性がある

以上を良く理解しわきまえたうえで、生活の中で上手に活用していけたら、本人も家族も、随分とコミュニケーションが楽になることでしょう。

ソーシャル・ストーリーはオーダーメイドですから、他の人のためには使えませんが、他の人が書く場合の参考にはなりますので、上手く書けたものがあったら、メインブログの『パパはアスペルガー!?』の方で、ご紹介するかもしれません。
ご紹介できるレベルのものを、書けるようにゆっくり練習していきます。




【中古】 ソーシャル・ストーリー・ブック 書き方と文例 /キャロルグレイ(著者),服巻智子(訳者) 【中古】afb
【中古】 ソーシャル・ストーリー・ブック 書き方と文例 /キャロルグレイ(著者),服巻智子(訳者) 【中古】afb




*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村