『子育て・楽天主義 ~赤ちゃんは「ゆったり」がいちばん』
この本「子育て・楽天主義」は、お医者様であり、知的障害を持ったお子さん(もう成人していらっしゃいます)のお父様でもある著者が、「ゆったり」子育てを薦めている本です。

1章から6章は夜泣きやミルクなど、赤ちゃんに関する具体的な話です。
7章から9章で、今の日本で(障害のあるなしにかかわらず)子育てをするお母さんたちの「苦しい」状況が書かれています。
そして、もっと手を抜いたって大丈夫、とおっしゃってくれています。

「苦悩の子育て」を強いられているお母さんたち…。
私には、このブログを通じてお知り合いになった方々の多くが、お父さんも含めて、とてもつらそうに感じられるので、この本を紹介しようと思いました。

現在も、私は、前ほどではないけれど、つらいのだと思います。もしも毎日が楽しくて楽しくてたまらなかったら、睡眠時間を大幅に削って、眼の下にクマさんを飼いながらパソコンに向かう…という生活はしていないと思います。

障害を持っていなくても子育ては大変。それは、子育てに関するブログが大賑わいなのを見てもわかりますよね。私も、昨年の四月までは、一日の中で話をする大人は、夫だけ…というような子育て環境にいましたから(しかも、夫とは話しが通じなかった…)、誰か大人とと話したくてたまりませんでした。
毎日毎日、子どもとだけ居る生活が、苦しくて苦しくてたまりませんでした。
そんな私に、まだ、ちびひめが生まれていなかった頃ですが、友人が読んでみて良かったから…と、送ってくれたのがこの本です。

7章の“なぜ子育てはたいへんか”は、とても考えさせられます。
私たちの“たいへんさ”を、うまく文章にしてくださっていると思います。
赤ちゃんの子育ての本ですが、大きなお子さんの親御さんでも、今の日本の子育て事情を考える上で、一読の価値があると思います。(2005.3.13)


【中古】子育て・楽天主義—赤ちゃんは「ゆったり」がいちばん 【全国一律送料200円】
【中古】子育て・楽天主義—赤ちゃんは「ゆったり」がいちばん 【全国一律送料200円】




*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村