発達障害関係の本・ご紹介Blog

~『パパはアスペルガー!』の副ブログ~ 発達障害に関する本の書評を、アスペルガー症候群の夫を持つ配偶者の視点から、書いて見ようと思います。

『心からのごめんなさいへ』

『心からのごめんなさいへ 一人ひとりの個性に合わせた教育を導入した少年院の挑戦』は、心理的・カウンセリング的手法ではなく、発達障害を視野に入れたアプローチ・プログラムで、少年院における矯正・更正教育で、劇的に成果を挙げた宇治少年院他のルポです。


心からのごめんなさいへ [ 品川裕香 ]
心からのごめんなさいへ [ 品川裕香 ]

発行年月 2005年07月


筆者の品川裕香(しながわゆか)さんは、『気になる子がぐんぐん伸びる授業』の訳者・著者で、発達障害児・者に積極的に取材をかさね、現場からの視点で文章を書いていらっしゃる、私がいつも共感してしまうライターさんです。

この本も、数年にわたる現場での取材ののちに書かれた本で、大変興味深い内容です。

少年院での事例ですので、そのまま紹介されているプログラムを一般の小・中学校での教育に当てはめることはできません。

が、『特別支援教育』『個別の教育的ニーズ』に合わせた教育と、その基本的な姿勢の部分で、共通点が非常に大きいと感じました。



「学校の勉強なんて、できなくたっていいんだよ。」
「学校の勉強がすべてではないんだからね。
 学校の勉強は、社会に出て役に立たない事だって、たくさんあるんだから。」
「個性豊かなのは、算数や国語ができることより、ずっといいことなんだよ」


こんな、当たり前のように言われていることが、実は『学校の勉強ができない子供』を追い込んでいるかもしれない…


学校に通っている限り、子供にとって『勉強ができない』ということは、大人が『たいしたことではない』と思うのとは裏腹に、実は子供たちにとって、とてもつらく悲しいことなんだ、ということがヒシヒシと迫ってきます。

LD(ディスレクシア)の娘を持つ私にとって、この本に書かれている少年院の子供たちの学校でのつらさは、決して他人事ではありませんでした。



特別支援教育に関心のある方は、是非参考に読んでみてください。



*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

『LD・ADHDの理解と支援 学校での心理臨床活動と軽度発達障害』

『LD・ADHDの理解と支援 学校での心理臨床活動と軽度発達障害』は、スクールカウンセラー向けの本です。

心理士・スクールカウンセラーさんが、精神分析的・心理学的アプローチではなく、発達障害の観点から、児童・生徒をサポートするための本です。

また、児童・生徒だけでなく、教師のサポート、そして学校の一員として保護者のサポートをする、そこまで踏み込んだ本でもあります。



心理的な面だけでなく、発達障害かどうかの判断や、その場合の具体的な支援の方法まで、丁寧に書かれています。

専門家ではない私が読むのには、ちょっとかったるかったのですが、内容が全くわからない… というようなこともなく、時間は多少かかりましたが、とても参考になる部分の多い本でした。


特に 第Ⅳ章『支援の実際』の④『学習の支援』、⑥『自己理解と進路の支援』 は、非常に参考になりました。



LD・ADHDの理解と支援 学校での心理臨床活動と軽度発達障害
LD・ADHDの理解と支援 学校での心理臨床活動と軽度発達障害

発行年月 2005年01月


保護者としては、『家庭の役割』などの項目もありますから、専門的な箇所は読み飛ばして、参考になりそうな項目のみを拾い読みしても、十分読み応えがあると思います。

+++

こんな本を読んで、実践してくださるスクールカウンセラーさんが、いるといいのになぁ~

なにしろ、我が居住地域の自治体は、公立の小・中学校 約160校に対して、スクールカウンセラーさんはたった3人なんです。
しかも、非常勤………

通常は(本業は)、病院などにお勤めされていて、必要な時にだけ呼び出されるらしいです。

理想と現実は、かくも隔たれり………… という感じです。



*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

『発達障害のある子の困り感に寄り添う支援』

『発達障害のある子の困り感に寄り添う支援 通常の学級に学ぶLD・ADHD・アスペの子どもへの手立て』は、小・中学校の先生向けの本です。

対象児童向けの具体的な『支援の手立て』の他に、『保護者面談の進め方』など、保護者とのコミュニケーションをとる場合の注意点・配慮すべき点も、事例付きで解説されています。

『保護者を傷つける言葉』の項目のところなど、身につまされてしまいました。


また、『保護者への報告』をまめにするように、との指摘は、本当にもっともだと思いました。

先生方は、一所懸命対策をとってくださっているのかもしれませんが、希望や要望を伝えた保護者には、どのような対策をとることにしたかの報告が全くなされないのが実情で、いったい学校で何をやっているのかわからない不安を、保護者はいつも抱えているのですから。




【中古】 発達障害のある子の困り感に寄りそう支援 通常の学級に学ぶLD・ADHD・アスペの子どもへの手立て 学研のヒューマンケアブックス/佐藤暁(著者) 【中古】afb
【中古】 発達障害のある子の困り感に寄りそう支援 通常の学級に学ぶLD・ADHD・アスペの子どもへの手立て 学研のヒューマンケアブックス/佐藤暁(著者) 【中古】afb

発行年月 2004年09月



この本、内容は非常に充実しているのですが、惜しいかな編集さんに恵まれなかったようです。

割付が悪くて、どこからどこまでが当該項目なのか、よくわからないのです。

つまり、ちょっと読みにくい……… のが、難点です。


が、特別支援教育に関わる(つまり『すべての先生方』ということですよね♪)先生方には、ぜひぜひ読んでいただきたいと、いち保護者として、切にお願い申し上げます!



*****
*ブログランキングに参加中*
クリック先では同じテーマのブログを探すことができます


にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
記事検索
応援のクリックをお願いします
プロフィール
・アスペルガー症候群の夫:Qさん
・1996年生まれの息子:ノロリ
・2001年生まれのLD娘:チビひめ
との生活に、孤軍奮闘中。

メインブログの『パパはアスペルガー!』
で、いろいろ愚痴っています。
はじめにお読みください
最新コメント
アーカイブ
楽天ブックスで探す
わがままひめ宛てフォーム
ご訪問ありがとうございます
  • 累計: